粉太郎のイチから始めるコスメ沼

ツイートをちょっとだけ深掘りしたりしなかったり

EYE ECSTASY™: EYE SHADOW PALETTE | 質素な顔したやべぇ奴


 

 

f:id:konatarou:20200822195013j:plain


 PAT MCGRATH LABS のアイシャドウパレットの中でも、手に取りやすいお値段のEYE ECSTASY™: EYE SHADOW PALETTE。

パッケージをとことん簡素化&量を減らすことで、お値段をおさえてくれています。もちろん粉質は通常のものに劣りませんよ!

 

通常サイズのパレット、いわゆる母艦はアイシャドウ界のなかでもトップクラスのお値段ですから、「patさんのアイシャドウ使ってみたいけど高価で・・・」という方にまさにうってつけの入門パレットではないかと思います。

 

今回はこのEYE ECSTASYパレット(「SUBVERSIVE」と「SUBLIME」の二種類 ) を、スウォッチから塗り方のバリエーションまでしっかり深掘りしていこうと思います。

※塗り方のバリエーションだなんて偉そうなこと言ってますが、素人の我流なんでそこんとこヨロシク!✨

 

スウォッチ / SUBLIME

f:id:konatarou:20200821200028j:plain

フラッシュをたくと、輝きの奥の深さがよくわかります。一見おとなしいブラウンパレットなのに、けして大人しくおさまらないのがPAT MCGRATH様の魔法!

じゃぁ日常使いは難しいのかというとそれはそうでもなく、粉質の良さゆえ濃淡の調節が非常に容易なので、ブラシに取る量を間違えなければどの色も肌なじみよく使えるようになっています。それでいて、どんなに薄く広げてもこの粉の特別な輝き方や透明感はちゃんと残るんだからホント素晴らしいなあって思います。

 

スウォッチ / SUBVERSIVE

f:id:konatarou:20200821201910j:plain

戻れないよ 昔のようには

煌めいて見えたとしても

 

そう、世に溢れるアイシャドウがどんなにキラめいて見えたとしても・・・patさんのラメを知ってしまった私は、もう戻れないのです。

 

 

 

別格。 

そういうことです。

 

最高峰のアイシャドウとはかくなるものよと、この輝きが伝えています。

 

質感に関しては、真ん中のと一番下の小豆色なめらか&ぴたっと密着。その他の3色はウエットのブラシを使えばかなりはっきりと色を出せますが、すこし固めなので「色をのせる」というよりは「輝きをのせる」目的でトッパーとして使うのが私は好きです。でもこの見事な鮮やかさ、そのままのせたくなっちゃいますよね。のせちゃうんですけどね。なんだかんだ言って。

 

 

 

というわけで。

 

このアイシャドウの素晴らしさを堪能しながら、私なりに2パターンづつメイクしてみましたのでのっけます!僭越ながら手順も書きましたので「買ったけどうまく使えないよ!」という方のささやかなヒントになれば嬉しいです。

 

 

 

SUBLIME / pattern A 】

f:id:konatarou:20200821205323j:plain

f:id:konatarou:20200821205334j:plain

SUBLIME / pattern B 】

f:id:konatarou:20200821205350j:plain

f:id:konatarou:20200821205403j:plain

SUBVERSIVE / pattern A 】

f:id:konatarou:20200821205533j:plain

f:id:konatarou:20200821205545j:plain

SUBVERSIVE / pattern B 】

f:id:konatarou:20200821205627j:plain

f:id:konatarou:20200821205639j:plain

 

SUBVERSIVEのルックに限り、シングルアイシャドウの「Statuesque」を合わせて使っています。ひとつあると便利なマット&ニュートラルカラーなのでおススメです。

 

www.patmcgrath.com