粉太郎のイチから始めるコスメ沼

ツイートをちょっとだけ深掘りしたりしなかったり

NATASHA DENONA・Bronze Eyeshadow Palette | レビュー第一弾


 

 

 

 「おれ、これ、たべる。ぶろんずのちから、てに、いれる」


「これを食べてもブロンズの力は手に入らない。あなたたちの胃がやられるだけだ!」

 

 

毎度毎度、鏡に向かって一人芝居うちながら塗り塗りしてますよ。呆れるを通り越してシシガミ様のような顔の夫。しょうがないですね。ランチパックうめぇ。

 

まぁでもでも

こんな感じでテンションぶっこわれる程度に

ヤバいブツなんです、これは。

 

 

 

長くなるので二記事に分けます。本日は

「ナターシャデノナ・ブロンズアイシャドウパレット レビュー第一弾」

 

 

 

ということで、まずはお写真を見ていただきましょうかね・・・

 

 

 

f:id:konatarou:20200724162036j:plain

f:id:konatarou:20200724162049j:plain

f:id:konatarou:20200724162059j:plain

わかりますか?

 

伝わりますか??

 

聞こえますか??

 

「そなたは・・・美しい・・・」(しつこい)

 

 

「イエベ秒殺パレット」と呼んで差し支えない

ウォームトーンの暴力!!

 

まずマットカラーの6色、

これが攻守ともに完全無欠。

この6色だけでマットパレット出してもバカ売れすると思うんだ。

 

f:id:konatarou:20200724170015j:plain

「Sundown」「Ridge」「Beach」の三色は

「 rich buttery terracotta mattes 」と表記されている通り、リッチでバターのようになめらかな最高の質感。指でアイホールに塗ると脳内麻薬が出ちゃうヤツです。

f:id:konatarou:20200724170029j:plain

「Suntan」「Magma」「Deep dive」の三色(写真二枚目・下から三つ)もじゅうぶんクリーミーなんだけど、上の3つに比べるとわずかに引っ掛かりを感じるかな。

でもいいんです。私の場合はあまり濃い色を広範囲に塗ることはないので、目尻やアイラインがわりに他の色の上から重ねてぼかしこむには、「ペタッとクリーミーな粉質」よりも「ほんの少しの量をさらっと広げやすい粉質」のほうが都合がいい。つまりこれももってまた最高。

 

 

第二弾ではマット以外の色の紹介と、こんな感じのメイクができるよーって例をいくつか紹介したいと思います!んじゃまた、アデュー!!!!