粉太郎のイチから始めるコスメ沼

ツイートをちょっとだけ深掘りしたりしなかったり

SUBLIME PERFECTION CONCEALER|レビュー第1弾


f:id:konatarou:20200430180334j:plain


一言で言うと、これは魔法です。

 

シンプルなガラス容器に入ったこのコンシーラーは、あなたの知っているこれまでのコンシーラーとはおそらく別物。コンシーラーの形をした、この世の魔法です。

カバー力・肌馴染み・透明感。相容れないはずの要素が美しく融合され、肌の上で完成するこの感じ。マジ魔法。🧞‍♀️✨

 

 

そもそも「コンシーラー = ポイント修正のためのもの」って認識がメインだと思うんですよね。私もそう思ってました。

日本では特に美肌信仰・すっぴん信仰が強いので、コンシーラーは「ごく少量」使うのが望ましいアイテムであると。

 

でもメイクについての知識を吸収していくにつれ、どうやらそうでは無いらしいと知りました。要は「何をどう使ってもいい」ということです。コンシーラーをハイライトにしてもいいし、シェーディングに使ってもいい。逆に言うと、カバー力のあるファンデーションをコンシーラーのように使っても良いし、極端な例だとオレンジのリップでクマを隠しても良い。

 

そう、メイクは自由!

 

 

 

 

f:id:konatarou:20200430180002j:plain

https://www.patmcgrath.com/pages/pat-mcgrath-biography

 

だからもし、私がPAT MCGRATH だったら。

※大それたことを言ってすみません。命の危険は承知の上で発言しています。

 

 

このコンシーラーをつくった時、「コンシーラー」として売り出すのを躊躇したかもしれない、なんて思うのです。

名前で型にはめて欲しくない、というか。いわゆるコンシーラーのイメージを想像して欲しくないというか。

 

きっと私だったら「マジカルマザー」とか、「美肌爆誕液」とか、とにかく曖昧な名前をつけたくなったはず。(クソだせぇ、)

 

使い方も、解釈も、全て使う人に任せるという意味で。

買った人がどのように使うとしても、必ずや満足させることができる。“そのポテンシャルを備えている”という自信があるからこそ・・・うん。

 

わし、熱いな。熱くるしいな。 

 

 

 今回のブログは「買おうかな?どうしようかな?」と考えている子羊ちゃんたちの背中をぐぐいと押して、ここで終了です。次回はさらに激しく押しますね。背中の毛が禿げる前に、ぜひ落っこちてくださいませ。

 

 

 

 

 

www.konataro.blog

www.konataro.blog